HPCDIYC Storeへようこそ

昇順

3件のページ

256GB、512GBのメモリ選択について

2016年12月2日金曜日 19時10分24秒 Asia/Tokyo

HPCやGPUのサーバーで手軽に256GBや512GBのメモリを実装できるようになってきましたが、最高のパフォーマンスを引き出すには、導入時のメモリ選定が必須です。選定を間違えると、DDR4-2400がDDR-2133になってしまいます。それは大変もったいないことです。どこに気をつければいいのでしょうか。

Read More
コメント | Posted in Tutorial By Kenetsu Hanabusa

インテル® Xeon® プロセッサー E5-2600 v3 ファミリー比較

2016年2月13日土曜日 10時35分17秒 Asia/Tokyo

インテル® Xeon® プロセッサー E5-2600 v3 ファミリー(2014年9月8日リリース)

プロセッサー・
ナンバー
コア数動作周波数AVX時
動作周波数
Last Level
Cache
QPIリンク速度DDR4周波数TDP1CPUのピーク性能
(倍精度)
E5-2699 v3 18 2.3GHz 1.9GHz 45MB 9.6GT/s 2133 / 1866 / 1600 145W 547.2Gflops
E5-2698 v3 16 2.3GHz 1.9GHz 40MB 9.6GT/s 2133 / 1866 / 1600 135W 486.4Gflops
E5-2697 v3 14 2.6GHz 2.2GHz 35MB 9.6GT/s 2133 / 1866 / 1600 145W 492.8Gflops
E5-2695 v3 2.3GHz 1.9GHz 35MB 9.6GT/s 2133 / 1866 / 1600 120W 425.6Gflops
E5-2683 v3 2.0GHz 1.7GHz 35MB 9.6GT/s 2133 / 1866 / 1600 120W 380.8Gflops
E5-2690 v3 12 2.6GHz 2.3GHz 30MB 9.6GT/s 2133 / 1866 / 1600 135W 441.6Gflops
E5-2680 v3 2.5GHz 2.1GHz 30MB 9.6GT/s 2133 / 1866 / 1600 120W 403.2Gflops
E5-2670 v3 2.3GHz 2.0GHz 30MB 9.6GT/s 2133 / 1866 / 1600 120W 384.0Gflops
E5-2687W v3 10 3.1GHz 2.7GHz 25MB 9.6GT/s 2133 / 1866 / 1600 160W 432.0Gflops
E5-2660 v3 2.6GHz 2.2GHz 25MB 9.6GT/s 2133 / 1866 / 1600 105W 352.0Gflops
E5-2650 v3 2.3GHz 2.0GHz 25MB 9.6GT/s 2133 / 1866 / 1600 105W 320.0Gflops
E5-2667 v3 8 3.2GHz 2.7GHz 20MB 9.6GT/s 2133 / 1866 / 1600 135W 345.6Gflops
E5-2640 v3 2.6GHz 2.2GHz 20MB 8.0GT/s 1866 / 1600 90W 281.6Gflops
E5-2630 v3 2.4GHz 2.1GHz 20MB 8.0GT/s 1866 / 1600 85W 268.8Gflops
E5-2643 v3 6 3.4GHz 2.9GHz 20MB 9.6GT/s 2133 / 1866 / 1600 135W 278.4Gflops
E5-2620 v3 2.4GHz 2.1GHz 15MB 8.0GT/s 1866 / 1600 85W 201.6Gflops
E5-2609 v3 1.9GHz 1.9GHz 15MB 6.4GT/s 1600 85W 182.4Gflops
E5-2603 v3 1.6GHz 1.3GHz 15MB 6.4GT/s 1600 85W 124.8Gflops
E5-2637 v3 4 3.5GHz 3.2GHz 15MB 9.6GT/s 2133 / 1866 / 1600 135W 204.8Gflops
E5-2623 v3 3.0GHz 2.7GHz 10MB 8.0GT/s 1866 / 1600 85W 172.8Gflops

コメント | Posted in Tutorial By Kenetsu Hanabusa

InfinibandのSubnet Manager

2016年2月11日木曜日 13時07分43秒 Asia/Tokyo

Infinibandのスイッチには同じポート数で、Subnet Manager付きと無しの2種類が存在します。Subnet Manager付きの方がかなり高価格です。Subnet ManagerはInfinibandのネットワークの接続を調べてInfiniband機器の各ポートにLID(Local Identifier)と呼ばれる値を割り振ります。そしてLIDに基づいてルーティングテーブルを構築します。Subnet Managerは継続してネットワークの監視を行い、接続などが変化した場合、LIDとルーティングテーブルを再構築します。Subnet Managerがないスイッチを使っても、コンピューターにドライバーと一緒にインストールされる、ソフトウェアのSubnet Managerを使うことにより、同じことができます。ソフトウェアのSubnet Managerを使っても性能が低下することはありませんが、CPUのリソースを少し消費し続けます。ソフトウェアのSubnet Managerによるリソースの消費を抑えたい場合は、

/etc/init.d/opensmd start

の代わりに、

opensmd -o

とすることでLIDの割り振りとルーティングテーブルの構築を1回だけにすることができます

参考文献はこちら

コメント | Posted in Tutorial By Kenetsu Hanabusa
昇順

3件のページ