'GTX Station and 1=1'の検索結果

3件の商品

件表示

  • HPCDIY-XCLGPU10R4S Computer

    この製品の最新の構成と見積依頼は

    HPCDIY-XCLGPU10R4Sは、2CPUで最大10GPUのDeep Learning(深層学習)向けGPUラックマウントサーバー(4U)です。
    対応するGPUは
      GeForce RTX 2080 ti(最大10枚)
      TITAN RTX(最大6枚)
      TESLA V100(32/16GB)(最大10枚)
      Quadro シリーズ(最大10枚)
    です。
    TITAN RTX または Quadro シリーズ用のNVLinkもGPU2枚に対して1つ選択可能で、2GPU間のデータ転送を高速化して学習時間を短縮します。
    NVLinkを使用の場合、TITAN RTX 4枚 + NVLink 2つ、または、Quadro シリーズ 8 枚 + NVLink 4つが最大構成です。
    NVLink使用の場合、オプションの1UのTop Coverが必要になり、トータル5Uになります。
    2CPUで最大56コア、最大6TBのDRAM/最大3TBのDRAM+最大6TBのパーシステント・メモリ、最大8TBのU.2 NVMe SSDを2台、最大3.84TBのM.2 NVMe SSDを1枚、2.5" SATA SSD/HDDを8台搭載可能です。RAID Cardを追加すると、さらに8台の2.5" SATA/SAS HDD/SSDを搭載可能です。
    4台の電源ユニット合計で100V入力の場合でも最大4000W、200V入力の場合は最大8000Wの電力を供給可能です。
    実装するメモリの合計容量が4TBを超える場合は、型番にLが付くCPUが必要です。実装するメモリの合計容量が2TBを超え4TB未満の場合は、型番にMが付くCPUが必要です。
    OSはUbuntu 18.04 LTSまたはWindows 10 Pro 64bitがインストールされます。Ubuntu 18.04 LTSとWindows 10 Pro 64bitとのDual Bootも可能です(HDD/SSDが2つ以上必要になります)。どちらにもNVIDIA Driver、CUDA ToolkitそしてDeep Learning Frameworkがインストールされますので、面倒で時間がかかるソフトウェアのインストールと設定をすることなしに、Deep Learningの学習を始めることができます。
    Ubuntu 18.04 LTSには、仮想化用ソフトウェアとして、DockerとSingularityがインストールされますので、CUDA Toolkitなどのバージョンが異なる複数の環境を独立して立ち上げて使用することができます。
    ジョブスケジューラも標準でインストールされますので、多数の学習などを、GPUの使用率を最大にしながら、自動的に効率よく実行することができます。
    システムバックアップ用ソフトウェアが付属していますので、任意の時点でシステムのバックアップを行い、いつでもその状態に戻すことができます。
    表示されている価格は消費税抜きの価格です。

     このサーバーのラックマウント方法はこちら

     

    この製品の最新の構成と見積依頼は

    もっと知る
  • HPCDIY-XCLGPU4TS-DL Computer

    この製品の後継機種の構成と見積依頼は

    HPCDIY-XSLGPU4TS-DLは、第二世代のIntel Xeon Scalable Processorを2基搭載して、最大4GPUのDeep Learning(深層学習)向けGPUワークステーション(横向きにして4Uのラックマウントも可能)です。

    対応するGPUは
      GeForce RTX 2080 ti
      TITAN RTX
      TESLA V100(32/16GB)
      Quadro シリーズ
    です。
    2CPUで最大56コア、最大3TBのDRAM、最大3.84TBのM.2 NVMe SSDを1枚、2.5" SATA SSD/HDDを8台搭載可能です。
    2台の電源ユニット合計で100V入力の場合でも最大2000W、200V入力の場合は最大4400Wの電力を供給可能です。
    実装するメモリの合計容量が2TBを超える場合は、型番にMが付くCPUが必要です。

    OSはUbuntu 18.04 LTSまたはWindows 10 Pro 64bitがインストールされます。Ubuntu 18.04 LTSとWindows 10 Pro 64bitとのDual Bootも可能です(HDD/SSDが2つ以上必要になります)。どちらにもNVIDIA Driver、CUDA ToolkitそしてDeep Learning Frameworkがインストールされますので、面倒で時間がかかるソフトウェアのインストールと設定をすることなしに、Deep Learningの学習を始めることができます。
    Ubuntu 18.04 LTSには、仮想化用ソフトウェアとして、DockerとSingularityがインストールされますので、CUDA Toolkitなどのバージョンが異なる複数の環境を独立して立ち上げて使用することができます。
    ジョブスケジューラも標準でインストールされますので、多数の学習などを、GPUの使用率を最大にしながら、自動的に効率よく実行することができます。
    システムバックアップ用ソフトウェアが付属していますので、任意の時点でシステムのバックアップを行い、いつでもその状態に戻すことができます。
    表示されている価格は消費税抜きの価格です。

    この製品の後継機種の構成と見積依頼は

    もっと知る
  • HPCDIY-XCLGPU2R1S-DL Computer

    この製品の最新の構成と見積依頼は

    HPCDIY-XCLGPU2R1S-DLは、1CPUで、最大2GPUのDeep Learning(深層学習)向けGPUラックマウントサーバー(1U)です。

    対応するGPUは
      GeForce RTX 2080 ti
      Quadroシリーズ
      TESLA V100(32/16GB)
    です。

    OSはUbuntu 18.04 LTSまたはWindows 10 Pro 64bitがインストールされます。Ubuntu 18.04 LTSとWindows 10 Pro 64bitとのDual Bootも可能です(HDD/SSDが2つ以上必要になります)。どちらにもNVIDIA Driver、CUDA ToolkitそしてDeep Learning Frameworkがインストールされますので、面倒で時間がかかるソフトウェアのインストールと設定をすることなしに、Deep Learningの学習を始めることができます。
    Ubuntu 18.04 LTSには、仮想化用ソフトウェアとして、DockerとSingularityがインストールされますので、CUDA Toolkitなどのバージョンが異なる複数の環境を独立して立ち上げて使用することができます。
    ジョブスケジューラも標準でインストールされますので、多数の学習などを、GPUの使用率を最大にしながら、自動的に効率よく実行することができます。
    システムバックアップ用ソフトウェアが付属していますので、任意の時点でシステムのバックアップを行い、いつでもその状態に戻すことができます。
    表示されている価格は消費税抜きの価格です。

    この製品の最新の構成と見積依頼は

    もっと知る

3件の商品

件表示