HPCDIY-UPDL2 Computer

サマーディスカウントセール開催中(2020年9月30日ご注文迄)
GPU, CPU, メモリー, SSD, HDD等を自由に構成して、見積依頼をクリックしてください
表示価格よりディスカウントした見積書をメールでお送りいたします
その後ご連絡いただくまでは、こちらからのコンタクトは一切行いません

HPCDIY-UPDL2は、1CPUで最大2GPUのDeep Learning(深層学習)向け、静音ミドルタワーワークステーションです。
OSとDeep Learning に必要なソフトウェアがインストールされていますので、すぐにお使いになれます。

Barebone(マザーボード+筐体+電源ユニット)の構造は、

  • GPUスロット数2
  • CPU ソケット数1
  • メモリスロット数8
  • M.2ソケット数2
  • U.2 ポート数2
  • SATA ポート数6
  • 5.25インチドライブベイ数1
  • 3.5インチドライブベイ数4
  • 2.5インチドライブベイ数4
  • 5GBase-Tネットワーク数1
  • 1000Base-Tネットワーク数1
  • 900W電源ユニット(100V〜240V対応)数1
  • です。
    対応するGPUは
    • GeForce RTX 2080 ti (11GB)
    • NVIDIA TITAN RTX (24GB)
    • NVIDIA Quadro RTX 5000 (16GB)
    • NVIDIA Quadro RTX 6000 (24GB)
    • NVIDIA Quadro RTX 8000 (48GB)
    • NVIDIA Quadro GV100 (32GB)
    です。TITAN RTXは厚みが大きいため1枚しか実装できません。その他のGPUは2枚まで実装可能です。Quadroシリーズを2枚選択した場合はNVLinkを装着可能です。
    Deep Learning 学習の性能(速度)のおよその比較(GPUが1枚の場合)は、Quadro RTX 5000 < GeForce RTX 2080 ti < TITAN RTX, Quadro RTX 6000, Quadro RTX 8000 < Quadro GV100 です。

    CPUのコア数は4、6、8、10、12、14 または 18 から選択可能です。
    メモリチャンネル数は4で、4枚または8枚のメモリを実装可能です。8GBのDIMMが4枚の場合の32GBから、64GBのDIMMが8枚の場合の512GBまでのメモリ量を選択可能です。
    SSDは NVMe SSD と/または SATA SSD を選択可能ですが、約4倍以上高速(>2GB/s)な NVMe SSD をお勧めいたします。種類はマザーボード上のソケットに実装するタイプの M.2 SSD と 2.5 インチドライブベイに実装する 2.5 インチ型の U.2 SSD とがあります。M.2 SSD の容量は 256GB ~ 1TB が選択可能です。U.2 SSD の場合 960GB ~ 15.3TB が選択可能です。どちらも2台まで実装可能です。
    2.5 インチの残りのドライブベイにはSATA SSD を実装可能です。
    3.5 インチドライブベイには1〜14TBの3.5" HDDを4台実装可能です。

    OSはUbuntu 18.04 LTSまたはWindows 10 Pro 64bitがインストールされます。Ubuntu 18.04 LTSとWindows 10 Pro 64bitとのDual Bootも可能です(HDD/SSDが2つ以上必要になります)。どちらにもNVIDIA Driver、CUDA ToolkitそしてDeep Learning Frameworkがインストールされますので、面倒で時間がかかるソフトウェアのインストールと設定をすることなしに、Deep Learningの学習を始めることができます。
    Ubuntu 18.04 LTSには、仮想化用ソフトウェアとして、DockerとSingularityがインストールされますので、CUDA Toolkitなどのバージョンが異なる複数の環境を独立して立ち上げて使用することができます。
    ジョブスケジューラも標準でインストールされますので、多数の学習などを、GPUの使用率を最大にしながら、自動的に効率よく実行することができます。
    システムバックアップ用ソフトウェアが付属していますので、任意の時点でシステムのバックアップを行い、いつでもその状態に戻すことができます。
    表示されている価格は消費税抜きの価格です。

    主な特徴ハードウェア仕様インストールされるソフトウェア

最低価格: ¥432,550

最高価格: ¥5,256,460

この構成での価格: ¥0

HPCDIY-XSL108TS-Silent Barebone   +¥151,960
1 x 3年間センドバック保守   +¥0

* 必須項目

この構成での価格: ¥0

商品説明
詳細

主な特徴

  1. Single Socket R4 (LGA 2066) supports Intel® Xeon® processor W Family
  2. Intel® C422 chipset
  3. Up to 512GB reg. ECC LRDIMM, up to DDR4-2933MHz; 8 DIMM slots
  4. 3 PCI-E 3.0 x16 (8/16/16, 48 lanes),
    1 PCI-E 3.0 x4,
    M.2 Interface: 2 PCI-E 3.0 x4
    M.2 Form Factor: 22110/2280
    M.2 Key: M-Key (RAID 0,1 support)
    U.2 Interface: 2 PCI-E 3.0 x4
  5. 2x 10GBase-T LAN ports via Intel X550
  6. ALC 1220 7.1 HD Audio, 1 COM, 2 GbE LAN, 2 USB 3.0 (front)
  7. 4 internal 3.5" drive bays, 4 internal 2.5" drive bays
  8. 900W High Efficiency Power Supply

ハードウェア仕様

Product SKUs
SuperWorkstation
Motherboard
Super X11SRA
Processor
CPU
  • Intel® Xeon® Processor W Family
  • Single Socket R4 (LGA 2066),
    CPU TDP support up to 165W
GPU Support
  • GeForce RTX 2080 Ti
  • NVIDIA TITAN RTX
  • NVIDIA Quadro シリーズ
System Memory
Memory Capacity
  • 8 DIMM slots
  • Up to 512GB Registered ECC LRDIMM
  • Up to 256GB Registered ECC RDIMM
  • Up to DDR4-2933MHz
Memory Type
  • 2933/2666/2400/2133MHz ECC DDR4 SDRAM
DIMM Sizes
  • 64GB, 32GB, 16GB, 8GB, 4GB
On-Board Devices
Chipset
  • Intel® C422 chipset
SATA
  • SATA3 (6Gbps) via Intel C422 controller
  • RAID 0, 1, 5, 10 support
Network Controllers
  • Single LAN with Intel® PHY I219LM LAN controller
  • Single LAN with Aquantia 5G LAN chip AQC108
Audio
  • ALC 1220 7.1 HD Audio
Input / Output
SATA
  • 6 SATA3 (6Gbps) ports from Intel® C422
LAN
  • 2 RJ45 Ethernet LAN ports
USB
  • 6 USB 3.0 ports (4 rear + 2 headers)
  • 6 USB 2.0 ports (2 rear + 4 headers)
  • 2 USB 3.1 (2 Type A)
Audio
  • 7.1 HD Jacks
Serial Port / Header
  • 1 COM port (header)
TPM
  • 1 TPM 1.2 20-pin Header
Expansion Slots
PCI-Express
  • 3 PCI-E 3.0 x16 slots (8/16/16, 48 lanes)
  • 1 PCI-E 3.0 x4 slot
M.2
  • M.2 Interface: 2 PCI-E 3.0 x4
  • M.2 Form Factor: 22110/2280
  • M.2 Key: M-Key (RAID 0,1 support)
  • U.2 Interface: 2 PCI-E 3.0 x4
System BIOS
BIOS Type
  • UEFI 256Mb
BIOS Features
  • ACPI 3.0 or later
  • SMBIOS 2.7 or later
  • BIOS rescue hot-key
  • SPI dual/quad speed support
  • RTC wakeup
Chassis
Form Factor
  • Mid-Tower
Model
Dimensions and Weight
Height
  • 16.7" (424mm)
Width
  • 7.6" (193mm)
Depth
  • 20.68" (525.3mm)
Gross Weight
  • 35.5 lbs (16.1 kg)
Available Colors
  • Black
Front Panel
Buttons
  • Power On/Off button
LEDs
  • Power LED
  • Hard drive activity LED
  • Network activity LED
  • System Information LED
Ports
  • 2 front USB 3.0 Ports
  • 1 Line-out, 1 Mic-in
Drive Bays
Internal
  • 4 fixed 3.5" drive bays
  • Enterprise SATA HDD only recommended
Peripheral
  • 2 optional 5.25" Peripheral drive bays
  • 1 optional card reader module
System Cooling
Fans
  • 1x 12cm rear exhaust fan
  • Optional 1x 12cm front cooling fan
Power Supply
900W AC multi output power supply
AC Voltage
  • 100-240 V, 50-60 Hz, 10-6 Amp
+5V Standby
  • 3 Amp
+12V1
  • 25 Amp
+12V2
  • 25 Amp
+12V3
  • 25 Amp
+12V4
  • 25 Amp
+5V
  • 25 Amp
+3.3V
  • 25 Amp
-12V
  • 0.5 Amp
Certification Gold Level Gold Level
Note: • Max. continuous combined load on +3.3V and +5V output shall not exceed 155W.
• Max. continuous combined load on +12V1, +12V2, +12V3 and +12V4 output shall not exceed 860W.
PC Health Monitoring
CPU
  • Monitors for CPU Cores, +1.8V, +3.3V, +5V, +12V, +3.3V Standby, +5V Standby, VBAT, Memory, Chipset Voltages.
  • 6-Phase-switching voltage regulator
FAN
  • Low noise fan speed control
Temperature
  • Monitoring for CPU and chassis environment
  • Thermal Control for 8x fan connectors
  • PECI
Operating Environment / Compliance
RoHS
  • RoHS Compliant
Environmental Spec.
  • Operating Temperature:
    10°C to 35°C (50°F to 95°F)
  • Non-operating Temperature:
    -40°C to 70°C (-40°F to 158°F)
  • Operating Relative Humidity:
    8% to 90% (non-condensing)
  • Non-operating Relative Humidity:
    5% to 95% (non-condensing)

インストールされるソフトウェア

OS (Linux)
  • Ubuntu 18.04 LTS
GPU Driver
  • NVIDIA®Driver
仮想化ソフトウェア
  • Docker
  • Singularity
Library
  • CUDA Toolkit
  • cuDNN
  • NCCL
Deep Learning Framework
  • Caffe, pyCaffe, Digits (on Conda create python=2.7)
  • TensorFlow, Keras (on Conda create python=3.6)
  • Chainer (on Conda create python=3.6)
  • PyTorch (on Conda create python=3.6)
GPUリソース対応
ジョブスケジューラ
  • Torque または
  • SLURM
システムバックアップ
  • システムをクローンしてBootable Media (HDD/SSD(SATA/NVMe),内蔵/外付) を作成するソフトウェア
OS (Windows)
  • Windows 10 Pro 64bit
Driver & Library
  • NVIDIA®Driver
  • CUDA Toolkit
  • cuDNN
  • Visual Studio Community 2017
Deep Learning Framework
  • TensorFlow, Keras (on Conda create python=3.6)
  • Chainer (on Conda create python=3.6)
  • PyTorch (on Conda create python=3.6)
追加情報
追加情報
筐体形状 WS
最大GPU数 (TITAN RTX は半分) 2GPU
GPU間Interface PCIe
CPU数 1CPU
CPU世代 Skylake
Network Interface 5GBase-T
レビュー
あなたのレビューを投稿する
レビュー中の商品: HPCDIY-UPDL2 Computer
商品のタグ
商品のタグ

タグを区切る場合は半角スペースを使用してください。単語にはシングルクオート(')を使用してください。